薬局を買収したい方

M&Aをすることのメリットについて

M&Aをすることのメリット

1低リスクかつスムーズな薬局経営ができる

新規開業の場合、どのくらい売上を立てられるかは非常に不透明ですし、処方元との関係構築や従業員の採用、各種契約等1から全てのことを行わないといけません。
しかし、M&Aで薬局を引き継げば過去の実績をもとに収支計画を作ることができ、また従業員もそのまま引き継ぐことができることも多く、各種契約も先代から引き継ぐことができるため、リスクを抑えかつ経営もスムーズにスタートさせることができます。

2人気のエリア・医療機関門前薬局もM&Aで引き継ぎ可能

日本全国に調剤薬局が約58,000店舗もあるという飽和状態な今、人気のエリアや評判の良いクリニックの門前に薬局を新規開局することは非常に難しくなってきています。
しかし、M&Aであればそうした立地の薬局も案件として数多くありますので、新規では開局できないような魅力的な立地で薬局経営を始めることも可能です。

3新規開業に比べ初期投資を抑えられる場合もあり

新規開業の場合、初期費用としてテナントの内装費、什器・備品・薬剤の購入費、人材の採用費等、様々なコストがかかります。
もちろんM&Aでも必要なコストは一部同じですが、一般的には営業権+固定資産の金額で譲受が可能なため、新規開業と同じか、場合によっては新規開業よりも安く経営を始めることも可能です。

経営承継支援の特長

譲渡案件は日本全国 各地で豊富に保有
着手金・月額報酬不要の 完全成功報酬
薬局経営者による M&A(薬局譲渡)支援

日本全国に豊富な譲渡案件を保有

相談料・着手金・月額報酬が不要のため、弊社には日々多くの譲渡のご相談をいただいております。また、弊社の既存のネットワークからもそうしたご相談が増えてきており、案件は常時数十件以上ございます。その中から、エリア・規模などご希望に合った案件をお選びいただきご検討いただくことが可能です。また、具体的なニーズを聞かせていただくことで、ニーズに合致した案件がない場合でも、案件発掘のご支援もしております。

業界最安水準の手数料体系

弊社の手数料体系は、着手金・月額報酬不要の完全成功報酬となっておりますので安心して検討を進めることができ、また、成功報酬については案件規模に応じて設定しており、業界最安水準と評価されておりますので、非常にリーズナブルにM&Aのご検討が可能です。

M&A(薬局譲渡)に精通している薬局経営者によるアドバイス

調剤薬局の経営及びM&Aは独特の特徴・ポイントがあります。
従って、M&Aを支援するアドバイザーには、調剤薬局の経営についての深い理解と、M&Aに関する豊富な知識・経験の「2つの専門性」が求められます。

当社の「調剤薬局支援室」のパートナーである大道一馬(だいどうかずま)は、現役の薬局経営者(薬剤師)であり、自身でも複数の調剤薬局のM&Aを行った経験や、多数のM&Aに関するアドバイスを行った実績があります。M&Aの契約手続きはもちろん、実務的な業務面での引継ぎや手続き等も万全のサポート体制を整えておりますので、初めてM&Aをご検討いただいている方も安心してお任せいただけます。